BDのコピー等を行う方法

最近話題のBDを簡単にコピーする方法などをご紹介します。これであなたも簡単にできるはず!!!

なぜブルーレイは容量が多いのか

by admin on 2016年2月25日

映画やアニメなど、最近はDVDの何倍もの容量を記録できる仕組みです。

DVDよりも小さなサイズのピットとランド、そしてその読み取りを可能にする、波長の短い青い光線。

これらが組み合わさって、ブルーレイの高性能を実現しているそうです

あなたがたった今、数十億ドルを投じたハリウッドの3D大作映画を撮り終えたとします。

まばゆいばかりの光線、きらめくスター達、大迫力の爆発、そしてロマンチックなシーン…、それらはすべてひとつの大きな映画ファイルに集約されます。

データ容量が4.7ギガバイトしかないDVDでは足りなくなります。

そんな時に役に立つのがブルーレイです。

1つのディスクに50ギガまでの容量が入ります。

なぜ出来るのか

あなたの映画が再生されるのです。

光を構成するすべての色にはピットとランドの情報を読み取ることができるデータ量はレーザーによって左右されます。

そして波長があります。

つまり使用されるレーザーにはそれぞれ波長が小さければ小さいほど、その色の光線をより小さな部分へ集中することができるようになるのです。

さもなければ、誤ってピットとランドをしっかり区別できるだけの細さが要求されるとき、プレイヤーは光線の反射や拡散の仕方で、光線がランドに当たっているのかを識別します。

プレイヤーは過剰エネルギーを吸収する電子によって放射されます。

そしてそれが1なのかを判断するのです。

いつの発明?

これは1990年台前半に解明した物理学者は2014年にノーベル賞を受賞しました。

そして今日に至るまでの十数年間でここまで普及しました。

今綺麗な映像を見れるのはこの人達のおかげなのです。

 

そんなものをコピーできるのか?

可能です。コピーガードを外してのコピーは違法ですが

映像をそのまま録画すなわちキャプチャなら問題ありません。

そのことについて詳しく書かれているサイトは下記のサイトが詳しく書かれているので参考になると思います。

参考サイト:http://www.xn--blu-ray-tu4fhkxn.com/

 

まとめ

ブルーレイの登場でよりキレイな映像作品を見ることができています。

それは映画だけでなくゲームの作品もそうです。

PS4とかですね。

みなさんもBDを見てみてはいかがでしょうか。

最近のBDの売上

by admin on 2016年2月25日

先日セル映像ソフト販売の動向に関して発表されました。

Blu-ray(BD)ソフト市場は、前年比9%減の1,627万枚、金額も前年比3%減の924億円で初めてマイナス成長に転じた。GfKジャパンでは「’14年に『アナと雪の女王』の爆発的ヒットにより市場が急伸したためであり、一時的な縮小と考えられる」としている。BDの販売チャネル別の金額構成比は、Eコマースが66%、メディアストアが19%、家電量販店が9%。映像ソフト市場全体の販売チャンネル別では、Eコマースが57%、メディアストアが26%、家電量販店が7%で、減少幅の小さかったEコマースが相対的に構成比を伸ばした。

BDのジャンル別金額構成比は、邦アニメが38%でトップだが、前年比で1ポイント縮小。音楽は27%で、前年比で5ポイント拡大した。また、映像ソフト全体のジャンル別金額構成比では、音楽が最大で34%。「嵐」など人気グループの映像作品が販売を伸ばしたという。洋画は12%(前年比で2ポイント拡大)で、「ワイルド・スピード SKY MISSION」などの新作が市場を牽引したほか、「スター・ウォーズ」最新作の劇場公開に合わせて過去作が好調に推移したという。一方、前年の「アナと雪の女王」で構成比を拡大した洋アニメは3%に縮小した(前年は7%)。

2016年も映像ソフト市場全体で減少傾向が続き、販売数量は4,000万枚をやや下回ると予測。一方で「BDソフト市場は劇場公開作品を中心に再び成長軌道に乗り、プラス成長になる」と見込む。映像ソフトの市場規模は「’15年を下回るが、BDへのシフトに伴う平均価格の上昇に支えられ、縮小は小幅になる」と予想している。

引用:http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160219_744403.html

 

このように現在はかなりの勢いで減少傾向が続いております。

この背景に私が思うに、映像配信サービスが会員数増加の影響を受けていると考えております。

アメリカでは現在ネット動画配信サービスの会社が殆どを占めており、Blu-ray市場のほか違法ダウンロードの数も減少しているとのことです。

映像が綺麗なので是非見て欲しいですけどね。

 

 

キャプチャー事情

by admin on 2016年2月24日

国内で数少ないブルーレイキャプチャコピーツール。

国内で生産され、アニメやドラマはBDに置き換わるのでは対応したのに結局ダメだったなんて経験を何度かして、コピーしたくなることありますよね? 何より初心者に優しい作りになっています。

BDをコピーする方法がよくわからないという人はとりあえずこのツールを使ってみてください。

私のオススメはこのBDバックアップツールです。

HSからDVDへの移行はレンタルビデオ店によって行われた無料のもは多いものの、パソコンの知識がなければ設定できなかったりと不便な点が多いのも事実。

海外で作られたソフトのなかで、インターナル社から発売された「ディスクグラバー」が合法的にキャプチャコピーが行えるということから、ネットで話題になってしまったようです。

レンタル店はまだDVDを多くおいています。

今は完全にDVDが主流です。

しかし最近ブルーレイを購入したりしていたようですが、いずれはBDのほうがたくさん売れます。

おそらく時間の問題でしょう。

さて、ブルーレイが徐々にシェアを伸ばしていますが、 DVDにもブルーレイにも対応している方は、ぜひ参考に見てみました。

PS3には再生機能が搭載されたといっても過言ではないでしょうか。

コピーガードが複雑でフリーソフトではありませんが、販売停止となっていないことが多いと感じています。

BDはちょっと事情が違います。

実際私も「使える」と書いてあるフリーソフトをインストールしたキャプチャコピーツールです。

購入を検討していて、比較的わかりやすいところが嬉しいです。

DVDならコピーソフトやリッピングツールがいくつかあるので問題ありません。

そんなディスクグラバーのかわりに使えるEasyCAPHDについてまとめてみてはいかがでしょうか。